掲載誌

月刊誌「しんきん経営情報」(2016年4月号)

しんきん経営情報 2016年4月号
「お店・会社を成長させる10年顧客戦略」
全国の信用金庫から各商店に配布される月刊誌「しんきん経営情報」。
「10年顧客戦略」をテーマに「これからの時代のお客様との関わり方」について、「具体的な接客技術・売場づくり」についてご紹介しました。

販促業界の専門雑誌№1「販促会議」(2012年12月発売号)

about_hansokukaigi_1212
今号の特集は「顧客を増やす72のアイデア」。
たくさんの事例を踏まえて代表の齋藤が「他店の成功アクションを使って、自店で成果を出す3STEP」と題して、コラムを書かせていただきました。

「販促会議」のサイトへ

書籍卸会社No.1日販の書店向け定期通信誌 「日販通信」(2012年10月〜連載)

nippann12
「リアル書店のちょっと一工夫」をテーマに、ネット書店を競合と捉えて、これからの時代のリアル書店しかできない具体的なアクション、考え方、モノの捉え方を半年間、コラムを書かせていただいています。

全国の信用金庫から各商店に配布される月刊誌「しんきん経営情報」(2012年4月号)

about_shinkin
「お店が実行するお店改善」をテーマに、「集客→アプローチ→売場→コミュニケーション→商品・サービス紹介→クロージング→直後フォロー→継続フォロー」という流れに沿って、今の時代に実践すべきアクションをご紹介しました。

ドラッグストアを読者に抱える月刊誌「月刊マーチャンダイジング」(2012年2月号)

about_md1202
「生涯顧客化づくり」をテーマに、「アクション1:見込客を新規顧客に育成する」「アクション2:新規顧客を再来店客に育成する」「アクション3:再来店客を固定客に育成する」という3つのアクションを売り手の想いを見える化するという観点でお届けしました。

「月刊マーチャンダイジング」のサイトへ

化粧品業界の専門誌「現代粧業界」 (2010年3月〜2011年9月)

「カネボウ化粧品様”個客創り実践講座”密着取材」
「このカネボウさんの仕事は、足掛け5年になります。」
■”個客創り実践講座” 密着記事-初日-(2010年3月号)
■”個客創り実践講座” 密着記事-2日目-(2010年4号)
■”個客創り実践講座” 密着記事-3日目-(2010年5月号)
■”個客創り実践講座” アクションプラン(2010年9月号)
■”個客創り実践講座” 密着記事-フォロー講座-(2011年3月号)
■”個客創り実践講座” ターミナル版-初日-(2011年8月号)
■”個客創り実践講座” ターミナル版-2日目-(2011年9月号)
カネボウ化粧品様

販促業界の専門雑誌№1「販促会議」(2010年5月号)

販促業界の専門雑誌№1「販促会議」(2010年5月号)
「顔の見えないECサイトで顧客との関係をつくっていくには?」
「実店舗もネットショップもお客様育成が大事なことは同じです」
「顔の見えないECサイトで顧客との関係をつくっていくには?(86P~87P)」で代表の齋藤が取材を受け、実店舗から見たECサイトの固定客育成の3つのポイントを掲載いただきました。

駅消費研究センター「EKISUMER(エキシューマー)」 (2009年10月号)

「ネット時代の今、想いの見える化こそ、店舗を活性化する」
■店舗はもはや流通ではない。
■心を動かす機能を持たないと店舗の存在意義がない。
■駅は来店をハードルが低い。
■衝動買いを定番化させれば、売上が伸びる。

コールセンター業界誌「 コンタクトセンターマネジメント」(2009年8月スタート)

「店舗ビジネスに学べ!新しいマーケティングの仕組み」
現在、店舗ビジネスでは、マーケティングの分野において、「優良顧客を育成する高品質サービス」の実施、その仕組み化が重要な課題になっています。コールセンターの企業では、優良顧客を育成する高品質サービスが実施されているのでしょうか。それを仕組み化するポイントについてお伝えしました。
2009年8月から半年間、毎月掲載の全6回です。

販促業界の専門雑誌№1「販促会議」(2009年1月発売号)

about_hansokukaigi_0901
「これからのお店の未来を少しですが、提案しました。」
「流通とメーカーの協力による売場の情報編集力アップが鍵」
「流通とメーカーの協力による売場の情報編集力アップが鍵(64P~65P)」に、代表の齋藤が取材が受け、未来の店舗の役割、顧客視点の訴求ポイント、スタッフマネイジメントについての意見を掲載していただきました。

「販促会議」のサイトへ